欢迎来到日本回流网!开启有趣购物之旅!

用户登陆

当前位置:首页 > 嗜好、文化> 美术用品> 书法> 挂轴

超大家!/[張瑞図・四行書]/明末の四大家/中国字画

状态

数量

开始日期

结束日期

竞拍延长

提前结束竞拍

:其他

:1

:2019-11-15 08:56:04(日本)

:2019-11-22 07:56:04(中国)

:否

:否

退货

竞拍者ID评价限制

竞拍者身份验证限制

出价最高者

开始价格

商品ID

:不能退货

:是

:否

:1200000円

:f329519363

出价次数

0

出价记录

剩余时间

倒计时加载中...

直接购买价

1200000円

日元

配送:买家付

约81600.00元

卖家ID:kintoun_hoashi收藏卖家

全部评价:539(539/0) 好评:99.4%

卖家其他商品

商品原始链接

发送地:大分県

商品原文(日文) 考查翻译(中文) 商品问与答
超大家!/[張瑞図・四行書]/明末の四大家/中国字画


本紙=縦1622×横354mm 絹本


ずーっと日本で保管されてきたものです。


本紙の絹本に多少の斑やクスミが有りますが、130~150年前に日本で改装されていて、見栄えは立派です。


張瑞図(ちょう ずいと、1570年 - 1640年以後[1])は、明の書家、画家、政治家。晋江の人。字は長公(ちょうこう)・无画(むが)といい、二水(じすい)・果亭山人・白毫菴・平等居士などと号し、官は内閣に参与した。画は山水、書は行草が優れ、特に書は、・米万鍾・董其昌とともに「張米董」・「明末の四大家」などと称される名家であった。画は黄大痴を学んだが、奇逸な書の出自の詳細は不明である。
経歴
万暦35年(1607年、38歳)、進士の試験に及第して翰林院に入り、熹宗の代では天啓6年(1626年、57歳)のときに礼部尚書となって内閣に入った。ただし、この出世は宦官の魏忠賢の愛顧を受けていたためとされている。魏忠賢は宮廷において権勢をほしいままにして政治を乱し、明を滅亡に導く因をなした人物である。
毅宗が即位して、忠賢が処罰されて自殺すると、張瑞図もその一党として弾劾された。毅宗は瑞図を庇護したが、彼は辞職を希望し、崇禎元年(1628年)に太保の官位を贈られて帰郷した。翌2年(1629年)の忠賢一味の罪状調査のとき、かつて瑞図が忠賢の生祠の碑文を書いたことが発覚して毅宗の怒りをかい、太保の称号も奪われた。その後、平民に降ろされてからは郷里で禅に心を寄せ、詩文におもいを託して書画を書くという悠々自適な生活を送った。そして、南明政権になって、文隠(ぶんいん)と諡された
暂无质问信息

15131271112

24小时客服热线(仅收市话费)